転職・就職活動の総合支援情報サイト『就職・転職ファイター』へようこそ!!

就職・転職ファイター

人材紹介会社とはその一

人材紹介会社の種類

人材紹介会社とは現在探している職業から関連する仕事を企業が求める条件と一致するかを登録した転職希望者の中から探して企業へと斡旋してくれる会社です。企業に正社員として雇用された場合徹底的な社員研修など新卒者なら嫌がるような内容がありますが、人材紹介会社の場合は派遣と言った雇用形態になりますのでそういう社員研修も少ないと言えます。

この人材紹介会社というのにはいくつか種類があります。
まず一般的な登録型、スカウト型、登録&スカウト兼用型、アウトプレースメント型などです。
自分の能力や目指す業界・職場、日々のスケジュール等に合わせて、利用しやすい型(タイプ)の人材紹介会社を選ぶといいでしょう。

人材紹介会社の4つの型

人材紹介会社とは、上記の記述に加え、厚生労働大臣からの許可を受けた民間の職業紹介会社のことです、ようやくするなら仕事斡旋業者と言えます。
現在働いていて、転職希望者と転職希望先の企業の間に立って両者の必要条件と希望条件を最大限にマッチさせ、その人に合った仕事に就くための就職支援サービスを総合的に行います。
今の日本の人材紹介会社には、現在次の4つの型(タイプ)が存在します。
多くの方が間違え易いのですが、人材紹介会社は人材派遣会社と響きは似ているようですが内容は全く別物であると言えます
今このページで解説している人材紹介会社は、あくまで転職希望者を希望の企業を探し紹介する仲介役を担います。
それに対し、人材派遣会社は期間限定の契約社員として(またはアルバイト)人材を派遣します、中には働いてみて気に入った職場に「正社員になれないか?」と相談し企業と相談してくれる事もあります。
後者の場合は派遣先の企業の管理下ではなく、派遣元の人材派遣会社と契約しているため、給与や労働条件などは派遣会社の管理下に入ることになります、その中で派遣からの給料は正社員に比べ少なめと思いがちですが実は派遣会社の方が給料が良かったりします。

登録型の人材紹介

登録型は一般的に「人材バンク(銀行)」などと呼ばれています、実際に多くの方が履歴書を出し登録しているので人材紹介会社からすれば貯金のように抱えているから呼ばれているみたいです。
転職希望者は、あらかじめ経歴やスキルなどの求人情報を会社に登録しておきます。
一方人材紹介会社は、Webサイトや新聞・雑誌などを使って転職希望者を募集し、企業の求人の必要条件に合った人材がいればその中から仕事を紹介するしくみになっています。
各会社には人材コンサルタントと呼ばれる人々がいて、数多の企業と転職希望者の間に立ち、両者の必要条件・希望条件を満たしながら条件あわせを行います。
まだ仕事のキャリアの浅い方や、なるべく早く転職したい方に特に向いているでしょう

スカウト型の人材紹介

スカウト型、いわゆる一つのヘッドハンティングであり、「人材スカウト」などと呼ばれます。
人材紹介会社は、その企業の求める人材を一般登録者はもちろんのこと、会社独自の方法も織り交ぜながら探し紹介しています。
主に、上記の登録型では集めにくいキャリア職(管理職)や専門職(システムエンジニア)を対象としており、技術職(デザイナー系・施工)や外資系(国際会話)でニーズが高いようです。
ある程度経験や技術スキルのある人や、忙しくて仕事を探せない人には、また経験がなくても社員研修を経てから仕事に臨む人にはこのような型が向いているといえます。    

登録&スカウト兼用型の人材紹介

このタイプは登録型とスカウト型の両方の要素を取り入れた併用型です。
外国では両者どちらかにはっきり分かれている場合が多いようですが、日本ではこの兼用型が主流です、まぁ日本人は手先の器用さから隠し持ったスキルをもつ人が多い上、謙虚ですので中々スキル自慢する人は少ないですから(^^;。
このタイプは幅広いバックボーンを持つ人々に活用の余地があり、企業からの希望条件や逆に就職活動中の人の希望(社員研修など)情報・転職希望者の登録情報量も豊富で、最もポピュラーに利用されているタイプだと言えます。

アウトプレースメント型の人材紹介

アウトプレースメント型とは職を切られた方、業績の悪化による人員削減など、企業側の事情で雇用が維持できなくなった方のための就職支援サービスで、「再就職支援型」とも呼ばれます。
突然の解雇に自信喪失になる人もキャリアカウンセリングで精神面をフォローしたり、受け入れ先の企業の開拓や求人の斡旋などで 就職希望者と人材を求める企業を引き合わせていくタイプです。


人材コンサルタントの役割

人材紹介会社の中には人材コンサルタントと言う登録者専任の相談相手がいます。
求人の紹介だけでなく、希望する企業の面接のアドバイスや企業への求人交渉、社員研修関連もサポートしてくれます。
どのような人が信頼できるコンサルタントなのか、安心して相談できるようチェックしてみることも大切です。
下記から人材コンサルタントについての解説をします、是非チェックしてみてください。

人材コンサルタント

この人材コンサルタントは、言うに例えるなら転職希望を成功させるために一緒に戦ってくれる、頼りになる先生だといえます。
これは転職だけにあるわけでなく、スポーツでも会社でも的確なアドバイスをしてくれる先生や同じ仲間の存在は大きな力となりますね? 人材紹介会社では、人材コンサルタントがその役を担います。

人材コンサルタントの仕事

現在の自分の人生を左右する大切な転職活動、働かないと生活が出来ません。
その大切な人生のイベントで一貫して行動をともにするのが転職アドバイザーの人材コンサルタントですから、信頼できるプロのコンサルタントと出会いたいものですよね。

面談

転職希望者が雇用登録を済ませた後、会社のオフィスでじっくり面談を行います。
希望条件や現在の財政面や精神面を相談しますので、最早カウンセリングと言ってもいいでしょう。

アドバイス

クライアントの経験やスキルを総合的に判断し、適性や向いている企業などをアドバイスします。

企業紹介

転職希望者の必要条件や適正、また企業側からの要望を照らし合わせて、マッチする企業を紹介します。

実践サポート

紹介する企業が決まったら、必要になる応募書類の書き方やその企業の面接練習など、企業採用試験に向けた実践的なサポートをしていきます。

交渉

その転職先の企業の待遇や福利厚生など、企業には直接聞きづらいことを、転職希望者の代わりに交渉してくれます。

アフターフォロー

全てのステップを終え、無事入社が決まったら、入社前から入社後の様々な諸手続きや、精神的なサポートで支援してくれます。


信頼できるコンサルタントの3つのポイント

親身になってくれる

信頼できるコンサルタントの条件の一つは転職希望者の話によく耳を傾け、投げやりに生らず、相手の立場に立って相談に乗ってくれる人ですね。
転職希望者の価値観や仕事に対する想いをしっかり受け止め、希望条件を的確に引き出しながら適切な助言をしてくれる人は、その他コンサルタントに大切だと思われる色々な能力にも優れているはずです。
いわば人として大切な理解力・慣用力があり、信頼の出来るコンサルタントだといえるでしょう。

客観的で正直な対応をしてくれる

転職を望む本人の希望条件に応えつつも、本人も気づかない潜在的な能力やスキルや協調性や人間性や仕事に対する姿勢、希望する企業との相性・適正はどうか?など、多少厳しくとも率直にアドバイスしてくれるコンサルタントは、本当に転職希望者のことを第一と考えています。
また、企業の良いところだけでなく、悪い部分マイナス面も含めた情報を正直に伝えてくれるなら、転職希望者に誠実なコンサルタントであるといえるでしょう。
ここで注意したいのが逆に、転職を急がせたり準備をあおり立てるコンサルタントは要注意です。

経験豊富で視野が広い

コンサルタントに求められる要素は各業界分野や職種についての知識が豊富であることと、経済や法改正など世の中の動きをよく理解していることです。
様々な転職事例を幾多も経験してこそ培われる就活ノウハウや採用情報があるため、コンサルタントが一人前になるには最低5年の経験が必要と言われています。

おすすめWEBサイト 5選

2015/1/14 更新


コピーライト